ミルク新聞

和食と牛乳がうんぬんかんぬんと今何かと話題ですが、

和食と牛乳を引き離すのではなく、
あえて一緒に料理として調理しようという
新しい和食「乳(ニュー)和食」が密かなブーム。

例えば、煮魚に牛乳を入れることで
魚のくさみが消え、調味料の味を引き出してくれるのだとか。

確かに臭みとりに牛乳が使われることが多いですよね。

しかも牛乳を入れることで
和食に不足しがちなカルシウムも補えるから
美味しく、さらに、栄養価もアップ!

さすが牛乳です!

牛乳は料理に入れて味を邪魔するどころか
コクがうまれて、うまみがぐっと引き出されるので
ぜひ和食に牛乳を取り入れてみてはいかがでしょうか?

明治乳業 はじめようおいしい乳和食スペシャルコンテンツより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です